学会発表

2017年 発表

国際学会

  1. Haginomori SIchihara TAyani YTerada TKawata RVaricella-Zoster Virus (VZV)-specific Cell-mediated Immunity in Ramsay Hunt Syndrome13th International Facial Nerve Symposium8.5Los Angeles
  2. Ichihara THaginomori SWada SAyani YOzaki AInaka YTerada TKawata RA New electroneurography as a prognostic tool for marginal mandibular nerve paralysis after parotid gland surgery:a preliminary study13th International Facial Nerve Symposium8.6Los Angeles
  3. Inui THaginomori SSuzuki MIchihara TAraki MKawata RHead shake test and hearing prognosis in Meniere’s diseases2017AAO-HNS Annual Meeting9.10-13Chicago
  4. Higashino M, Yoshida T, Nishikawa S, Terada T, Kawata R:Clinical features of poorly differentiated thyroid papillary carcinoma.2nd Congress of Asia-Pacific Society of Thyroid Surgery.11.3.Okinawa.

国内学会

(特別講演)

  1. 河田 了:アレルギー性鼻炎の症状・診断と治療.第7回鼻の日セミナー.8.6.大阪.
  2. 萩森伸一:顔面神経麻痺の診断と治療-QOL改善のための総合診療.平成29年度大阪医科大学仁泉会広島支部総会.6.10.広島.
  3. 萩森伸一:ウイルス性顔面神経麻痺の発症と診断・治療、そして今後の展望.顔面神経麻痺講演会.8.31.名古屋.
  4. 萩森伸一:中耳真珠腫の手術.第13回神戸耳手術手技研究会.9.6.神戸.
  5. 寺田哲也:スギ花粉症治療のトピックス―薬物療法と免疫療法の理論と実際―.第13回埼玉耳鼻咽喉科感染症・アレルギー研究会.10.5.埼玉.

(シンポジウム)

  1. 河田 了,萩森伸一,櫟原崇宏,綾仁悠介:耳下腺腫瘍における顔面神経の取扱い:耳下腺腫瘍手術918例の経験から.第40回顔面神経学会.5.31.埼玉..

(セミナー)

  1. 河田 了:腫瘍外来.第21回淀川リバーサイド耳鼻咽喉科講習会.2.18.大阪.
  2. 寺田哲也:アレルギー外来.第21回淀川リバーサイド耳鼻咽喉科講習会.2.18.大阪.
  3. 萩森伸一:鼓膜形成術.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.19.広島.
  4. 河田 了:唾液腺手術.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.20.広島.
  5. 河田 了:耳下腺腫瘍の手術―耳下腺癌に対する手術の基本方針―.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.8.金沢.
  6. 寺田哲也:アレルギー性鼻炎の検査と治療.第31回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会.11.11.神戸.
  7. 萩森伸一:外耳道後壁削除型鼓室形成術.第27回日本耳科学会.11.23.横浜.
  8. 萩森伸一:耳科手術-安全に行うための知識と工夫 ①解剖と画像診断、基本手技.第27回日本耳科学会ポストコングレスワークショップ.11.24.横浜.
  9. 萩森伸一:正常側頭骨解剖の知識とCT画像との比較.第27回日本耳科学会ポストコングレスワークショップ.11.24.横浜.

(パネルディスカッション)

(一般講演)

  1. 河田 了,寺田哲也,東野正明,乾 崇樹,鈴木倫雄,大村修士,菊岡祐介:当科における耳下腺癌158例の治療経験.第27回日本頭頸部外科学会.2.3.東京.
  2. 寺田哲也,鈴木倫雄,東野正明,河田 了:口腔癌T1症例の予後不良例についての検討.第27回日本頭頸部外科学会.2.3.東京.
  3. 東野正明,野呂恵起,大村修士,鈴木倫雄,寺田哲也,河田 了:口腔癌におけるcNpNからみた生存率についての検討.第27回日本頭頸部外科学会.2.3.東京.
  4. 鈴木倫雄,野呂恵起,菊岡祐介,大村修士,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺粘表皮癌38例の検討.第27回日本頭頸部外科学会.2.3.東京.
  5. 大村修士,寺田哲也,東野正明,河田 了:当科における耳下腺前方腫瘍についての手術術式についての検討.第27回日本頭頸部外科学会.2.3.東京.
  6. 野呂恵起,東野正明,大村修士,鈴木倫雄,寺田哲也,河田 了:口腔癌cTN0例に対する予防的頸部郭清術と術中迅速診断.第27回日本頭頸部外科学会.2.3.東京.
  7. 綾仁悠介,吉田卓也,東野正明,寺田哲也,河田 了:初診時に顔面神経麻痺を認めた耳下腺癌症例.第340回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.4.大阪.
  8. 東野正明,鈴木倫雄,櫟原崇宏,河田 了:術前気管切開術が喉頭全摘出術症例に与える影響.第29回日本喉頭科学会.4.6.盛岡.
  9. 鈴木倫雄,大村修士,寺田哲也,河田 了:アスピリン喘息鼻茸における活性化好酸球とPGD2受容体の発現,経口ステロイド投与による影響.第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会.4.14.旭川.
  10. 寺田哲也,野呂恵起,菊岡祐介,大村修士,鈴木倫雄,鈴木 学,櫟原崇宏,乾 崇樹,河田 了,松田将也,奈邉 健:スギ花粉症に対する免疫療法の作用機序に関する検討.第35回日本耳鼻咽喉科免役アレルギー学会.4.15.旭川.
  11. 綾仁悠介,大村修士,東野正明,寺田哲也,河田 了,森脇一将,朝日通雄:頭頸部癌における受容体型チロシンキナーゼTrkBの発現意義.第35回日本耳鼻咽喉科免役アレルギー学会.4.15.旭川.
  12. 寺田哲也,野呂恵起,菊岡祐介,大村修士,吉田卓也,鈴木倫雄,鈴木 学,櫟原崇宏,稲中優子,乾 崇樹,河田 了,松田将也,奈邉 健.スギ花粉症患者に対する皮下免疫療法(SCIT)施行時のIL-10産生性T細胞およびB細胞の変動.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.18.広島.
  13. 鈴木倫雄,乾 崇樹,寺田哲也,東川雅彦,出島健司,河田 了:アスピリン喘息鼻茸における活性化好酸球とPGD2受容体の発現、経口ステロイド投与による影響.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.18.広島.
  14. 綾仁悠介,大村修士,東野正明,寺田哲也,河田 了:頭頸部癌における受容体型チロシンキナーゼTrkBの発現意義.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.18.広島.
  15. 乾 崇樹,寺田哲也.野呂恵起,吉田卓也,鈴木倫雄,鈴木 学,河田 了:好酸球性副鼻腔炎における、呼気中NO値に対するESSの影響.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.19.広島.
  16. 鈴木 学,西川周治,東野正明,寺田哲也.河田 了:耳下腺腫瘍に対する穿刺吸引細胞診の検討.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.19.広島.
  17. 西角 章,東野正明,西川周治,寺田哲也,荒木倫利,河田 了:耳下腺癌に関する臨床的検討.第118回日本耳鼻咽喉科学会.5.19.広島.
  18. 櫟原崇宏,萩森伸一,綾仁悠介,金沢敦子,森 京子,河田 了:顔面神経減荷術における聴力変化の検討.第40回顔面神経学会.5.31.埼玉.
  19. 綾仁悠介,河田 了,萩森伸一,菊岡祐介,櫟原崇宏,金沢敦子:初診時に顔面神経麻痺を認めた耳下腺癌症例の検討.第40回顔面神経学会.5.31.埼玉.
  20. 和田晋一,萩森伸一,仲野春樹,櫟原崇宏,小河佳織,金沢敦子,野中隆三郎,河田 了,藤岡重和:正中法ENoGの予後推定値と治癒期間の検討―健側CMAP値による測定精度の検証―.第40回顔面神経学会.5.31.埼玉.
  21. 仲野春樹,和田晋一,萩森伸一,櫟原崇宏,金沢敦子,稲毛あさひ,河田 了,佐浦隆一:病的共同運動における瞬目反射迷入再生率と表面筋電図積分値比との関係.第40回顔面神経学会.5.31.埼玉.
  22. 西川周治,野呂恵起,綾仁悠介,吉田卓也,東野正明,寺田哲也,河田 了:術前にFNAで良性と診断された耳下腺癌症例の検討.第341回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.3.大阪.
  23. 和田将輝,乾 崇樹,綾仁悠介,萩森伸一,櫟原崇宏,尾﨑昭子,稲中優子,金沢敦子,河田 了:難聴を主訴で受信した狭小内耳道例.第341回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.3.大阪.
  24. 谷内政崇,栗山達朗,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:上顎癌の化学療法中にPRESを認めたⅠ症例.第341回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.3.大阪.
  25. 神人 彪,谷内政崇,尾﨑昭子,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:入院加療が必要となったオスラー病症例の検討.第341回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.3.大阪.
  26. 河田 了,寺田哲也,東野正明,西川周治,西角 章,綾仁悠介:耳下腺癌における頸部リンパ節転移の検討.第41回日本頭頸部癌学会.6.8.京都.
  27. 西川周治,河田 了,寺田哲也,東野正明,西角 章,綾仁悠介:耳下腺低・中悪性癌の診断.治療上の問題点.第41回日本頭頸部癌学会.6.8.京都.
  28. 野呂恵起,東野正明,西川周治,寺田哲也,河田 了:上咽頭癌に対する導入化学療法と治療成績との関連性について.第41回日本頭頸部癌学会.6.8.京都.
  29. 寺田哲也,栗山達朗,綾仁悠介,吉田卓也,東野正明,河田 了:口腔癌TI再発症例の検討.第41回日本頭頸部癌学会.6.9.京都.
  30. 乾 崇樹,寺田哲也,神人 彪,谷内政崇,尾﨑昭子,河田 了:鼻出血に対する入院加療を要したオスラー病3例の検討.第4HHT Japan6.17.大阪.
  31. 寺田哲也,河田 了:電解水によるスギ花粉の抗原性不活性化に関する検討.第48回日本職業・環境アレルギー学会.6.30.福井.
  32. 乾 崇樹,寺田哲也,神人 彪,河田 了:当科で鼻出血に対する入院加療を行ったオスラー病の3例.第48回日本職業・環境アレルギー学会.6.30.福井.
  33. 東野正明,寺田哲也,河田 了:大阪医科大学附属病院におけるラテックスアレルギーについて.第48回日本職業・環境アレルギー学会.7.1.福井.
  34. 大石彩乃,髙田桃香,和田晋一,乾 崇樹,中山知里,小河佳織,眞鍋範子,今井 正:講義における90分間の座位保持時間が前庭機能に与える影響.第12回日本臨床検査学教育学会.8.24.埼玉.
  35. 寺田哲也,野呂恵起,綾仁悠介,栗山達朗,櫟原崇宏,稲中優子,乾 崇樹,河田 了,菊岡祐介,鈴木 学,大村修士,鈴木倫雄,松田将也,奈邉 健:スギ花粉症に対する免疫療法の作用発現メカニズムについての検討.第342回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.2.大阪.
  36. 東野正明,野呂恵起,綾仁悠介,西川周治,寺田哲也,河田 了:耳下腺癌173例の臨床的検討―当科における18年間の成績―.第342回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.2.大阪.
  37. 西川周治,野呂恵起,綾仁悠介,東野正明,寺田哲也,河田 了:術前反回転神経麻痺をきたしている甲状腺癌症例の検討.第342回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.2.大阪.
  38. 綾仁悠介,萩森伸一,尾﨑昭子,櫟原崇宏,金沢敦子,河田 了:当科における中耳真珠腫の進展度と手術術式―中耳真珠腫進展度2015改訂案を用いての検討―.第342回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.2.大阪.
  39. 栗山達朗,吉田 恵,吉田卓也,稲中優子,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:当科における片側性鼻副鼻腔病変についての検討.第342回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.2.大阪.
  40. 寺田哲也,西川周治,東野正明,河田 了.耳下腺房細胞癌と診断されていた乳腺相似分泌癌(MASC)症例の検討.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.7.金沢.
  41. 東野正明,野呂恵起,西川周治,寺田哲也,河田 了:耳下腺手術における神経刺激装置と術後顔面神経麻痺.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.7.金沢.
  42. 西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了.術前に良性と診断された耳下腺癌症例の検討.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.7.金沢.
  43. 西角 章,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了.耳下腺癌の予後に対する免疫組織学的検討.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.7.金沢.
  44. 大村修士,河田 了,寺田哲也,東野正明:耳下腺前方腫瘍の病態および手術手技と治療上の問題点.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.7.金沢.
  45. 野呂恵起,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:口腔癌c T2N0症例に対する予防的頸部郭清術と術中迅速診断.第30回日本口腔・咽頭科学会.9.7.金沢.
  46. 吉田卓也,河田 了,寺田哲也,乾 崇樹,稲中優子,鈴木 学,尾﨑昭子,栗山達朗:当科における慢性非浸潤型副鼻腔真菌症についての臨床的検証.第5回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会.9.21.大津.
  47. 綾仁悠介,森脇一将,桑原宏子,河田 了,朝日通雄:受容体型チロシンキナーゼTRKBは低分化型口腔扁平上皮癌の治療標的候補である.第76回日本癌学会.9.28.横浜.
  48. 吉田卓也,河田 了,寺田哲也,乾 崇樹,稲中優子,尾﨑昭子,栗山達朗:好酸球性副鼻腔炎における下気道評価方法についての検討.第56回日本鼻科学会.9.28.甲府.
  49. 乾 崇樹,寺田哲也,栗山達朗,尾﨑昭子,吉田卓也,稲中優子,河田 了;好酸球性副鼻腔炎例における、組織中好酸球浸潤の部位による差違について.第56回日本鼻科学会.9.29.甲府.
  50. 東野正明,神人 彪,吉田 恵,吉田卓也,西川周治,河田 了;当科における高齢者喉頭癌症例の検討.第69回日本気管食道科学会.11.8.大阪.
  51. 吉田卓也,東野正明,神人 彪,吉田 恵,西川周治,河田 了:甲状腺腫瘍の相対的手術適応症例の検討.第69回日本気管食道科学会.11.9.大阪.
  52. 神人 彪,東野正明,吉田 恵,吉田卓也,西川周治,河田 了:大阪医科大学における声帯麻痺症例の検討.第69回日本気管食道科学会.11.9.大阪.
  53. 尾﨑昭子,萩森伸一,綾仁悠介,櫟原崇宏,金沢敦子,河田 了:大阪医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科を受診した顔面神経麻痺例の臨床統計.第27回日本耳科学会.11.23.横浜.
  54. 綾仁悠介,萩森伸一,尾﨑昭子,櫟原崇宏,金沢敦子,河田 了:大阪医科大学における中耳真珠腫の進展度と手術術式―中耳真珠腫進展度分類2015改訂案を用いての検討―.第27回日本耳科学会.11.23.横浜.
  55. 寺田哲也,神人 彪,谷内政崇,和田将輝,野呂恵起,吉田 恵,綾仁悠介,稲中優子,乾 崇樹,河田 了:スギ花粉症に対する経リンパ節免疫療法の効果-3シーズン目の検討.第343回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.2.大阪.
  56. 乾 崇樹,萩森伸一,神人 彪,谷内政崇,和田将輝,野呂恵起,尾﨑昭子,栗山達朗,河田 了;当科めまい外来における頭痛を伴うめまい症例について.第343回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.2.大阪.
  57. 西川周治,谷内正孝,吉田 恵,尾崎昭子,東野正明,寺田哲也,河田 了:当科における18年間の下咽頭癌症例の治療成績.第343回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.2.大阪.
  58. 吉田卓也,野呂恵起,尾﨑昭子,栗山達朗,稲中優子,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:当科における閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療成績.第343回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.2.大阪.
  59. 吉田 恵,綾仁悠介,萩森伸一,野呂恵起,尾﨑昭子,稲中優子,河田 了:外耳道アポクリン汗嚢腫の2例.第343回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.2.大阪.
  60. 野呂恵起,谷内政崇,吉田 恵,尾崎昭子,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺乳腺相似分泌癌(MASC)症例の検討.第343回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.2.大阪.

(ポスター演題)

  1. 栗山達朗,辻 求,東野正明,寺田哲也,河田 了:再発多形腺腫に対する臨床的および病理組織学的検討.第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会.4.14.旭川.
  2. 中島世市郎,河田 了,上田晃一,塗 隆志,植野高章:血管柄付き遊離肩甲骨皮弁を用いた下顎再建骨の組織学的観察.第41回日本頭頸部癌学会.6.8.京都.
  3. 東野正明,野呂恵起,西川周治,寺田哲也,河田 了:下咽頭earlyTN+症例の検討.第41回日本頭頸部癌学会.6.9.京都.
  4. 櫟原崇宏,萩森伸一,綾仁悠介,尾﨑昭子,森 京子,河田 了:両側内耳道転移を来した悪性腫瘍の2例.第79回耳鼻咽喉科臨床学会.7.6.下関.
  5. 菊岡祐介,田渕恵子,野呂恵起,吉田 恵,綾仁悠介,栗山達朗,吉田卓也,東野正明,寺田哲也,河田 了:顎下腺摘出時の顔面神経下顎縁枝の取扱いについて.第79回耳鼻咽喉科臨床学会.7.6.下関.
  6. 野呂恵起,吉田卓也,東野正明,西川周治,寺田哲也,河田 了:耳下腺ワルチン腫瘍180症例の臨床的検討.第79回耳鼻咽喉科臨床学会.7.6.下関.
  7. 乾 崇樹,寺田哲也,菊岡祐介,大村修士,河田 了:小腸転移をきたした甲状腺低分化癌例.第79回耳鼻咽喉科臨床学会.7.7.下関.
  8. 乾 崇樹,萩森伸一,野呂恵起,栗山達朗,綾仁悠介,荒木倫利,河田 了:大阪医大めまい外来を受診した患者におけるめまい質問票(DHI)結果の経時的変化.第76回日本めまい平衡医学会.12.1.軽井沢.

(その他)

  1. 寺田哲也:日常診療に役立つ鼻アレルギーの基礎知識.アレルギーとめまいの講演会.1.12.大阪.
  2. 乾 崇樹:心因性めまいについて-めまい疾患における位置付けとアプローチ-.アレルギーとめまいの講演会.1.12.大阪.
  3. 東野正明:口腔癌に対する集学的治療.第14回高槻市医師会・大阪医科大学医療連携合同会議.1.28.大阪.
  4. 東野正明:耳下腺癌の治療とその問題点.第21回頭頸部癌化学療法研究会.3.3.東京.
  5. 寺田哲也:口腔癌T1T2症例における局所切除と上頸部郭清術について.第24回近畿頭頸部腫瘍懇話会.4.22.大阪.
  6. 河田 了:頭頸部腫瘍の治療の実際.小野薬品社内研修会講義.5.9.大阪.
  7. 寺田哲也:粘膜免疫の特殊性―予備と治療戦略.第12回北摂耳鼻咽喉科疾患講習会.5.25.大阪.
  8. 西川周治:下咽頭喉頭合併切除を行った乳頭癌症例の術後多発遠隔転移に対するレンバチニブの使用経験.LENVIMA Users Meeting5.26.大阪.
  9. 尾﨑昭子:アレルギー性鼻炎の重要なメディエーター―ヒスタミンを極める―.第7回北摂アレルギー講習会.6.22.大阪.
  10. 乾 崇樹:好酸球性副鼻腔炎手術例における呼気中NO値に対するESSの影響.第79回臨床アレルギー研究会.第79回臨床アレルギー研究会.7.15.大阪.
  11. 寺田哲也:鼻アレルギー診療について.大鵬薬品工業株式会社社内研修会.9.12.大阪.
  12. 寺田哲也:スギ花粉症治療のトピックス.第6回上咽頭炎研究会.9.16.大阪.
  13. 東野正明:当科における甲状腺低分化癌と乳頭癌の臨床像の比較.第7回関西頭頸部腫瘍懇話会.9.30.大阪.
  14. 綾仁悠介:顔面神経減荷術後に聴力低下を来たしたHunt症候群の1例.第7回北摂感覚器疾患講習会.10.26.大阪.
  15. 東野正明:超音波エコーによる耳下腺腫瘍の局在診断.第19回頭頸部超音波エコー研究会.11.3.沖縄.
  16. 寺田哲也:鼻アレルギー診療について.大鵬薬品工業株式会社社内研修会.11.14.大阪.
  17. 萩森伸一:中耳真珠腫の診断と治療.第16回京阪神耳鼻咽喉科カンファレンス.11.25.京都.
  18. 東野正明:口の中のできもの~それ、放っておいて大丈夫??~第6回市民公開講座.12.16.大阪.