学会発表

2018年 発表

国際学会

  1. Inui T, Balaban CDMild blast wave leads intensity-dependent sequential changes in MMP2 expression in rat brains. XXX Barany Society Meeting. 2018.6.11. Uppsala.
  2. Ayani Y, Haginomori S, Kawata RLatency of compound Muscle Action Potentials in Electroneurography for Facial Palsy: Precise Prognostic Diagnosis. American Academy of Otolaryngology and Head & Neck Surgery Annual Meeting and EXPO. 2018.10.9. Atlanta.

国内学会

(特別講演)

  1. 河田 了:耳下腺良性および悪性腫瘍の診断と治療.第258回岡山県耳鼻咽喉科集談会.7.8.岡山.

(シンポジウム)

  1. 東野正明,河田 了:耳下腺良性腫瘍手術の際の安全な顔面神経の同定と温存を求めて.第41回日本顔面神経学会.6.7.山形.
  2. 寺田哲也,河田 了:粘膜免疫における唾液腺機能の再評価.第31回日本口腔・咽頭学会.9.13.名古屋.

(セミナー)

  1. 乾 崇樹:眼振とENG記録の見方.第48回平衡機能検査技術講習会.7.10.奈良.
  2. 東野正明,河田 了:耳下腺手術のプランニングと術中の注意点.第31回日本口腔・咽頭学会.9.13.名古屋.
  3. 萩森伸一:外耳道後壁削除型鼓室形成術.第28回日本耳科学会.10.4.大阪.
  4. 萩森伸一:側頭骨組織インタラクティブ・レクチャー.第28回日本耳科学会.10.4.大阪.
  5. 萩森伸一:耳科手術ハンズオンセミナー-人工内耳埋込術コース.第32回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会.11.17.福岡.

(パネルディスカッション)

  1. 萩森伸一:ヒト側頭骨組織標本から学ぶ-側頭骨組織病理研究教育ワーキンググループ報告-.第28回日本耳科学会.2018.10.5.大阪.

(一般講演)

  1. 河田 了,寺田哲也,西川周治,東野正明,吉田卓也,野呂恵起.当科における18年間の耳下腺癌173症例の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.25.宇都宮.
  2. 寺田哲也,野呂恵起,吉田卓也,西川周治,東野正明,河田 了:当科における18年間の中咽頭癌124症例の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.25.宇都宮.
  3. 吉田卓也,河田 了,寺田哲也,東野正明,西川周治,野呂恵起:当科における18年間の上咽頭癌の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.25.宇都宮.
  4. 大村修士,野呂恵起,吉田卓也,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:当科における18年間の甲状腺癌430症例の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.25.宇都宮.
  5. 野呂恵起,吉田卓也,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:当科における18年間の口腔癌326症例の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.25.宇都宮.
  6. 東野正明,野呂恵起,吉田卓也,西川周治,寺田哲也,河田 了:当科における18年間の喉頭癌400症例の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.26.宇都宮.
  7. 西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:当科における下咽頭癌197症例の治療成績.第28回日本頭頸部外科学会.1.26.宇都宮.
  8. 寺田哲也,綾仁悠介,乾 崇樹,河田 了,松田将也,奈邉 健:スギ花粉症に対する皮下免疫療法のメカニズムについての検討.第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会.2.22.下関.
  9. 綾仁悠介,森脇一将,東野正明,寺田哲也,朝日道雄,桑原宏子,河田 了:受容体型チロシンキナーゼTRKBは低分化型口腔扁平上皮癌の治療標的候補である.第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会.2.23.下関.
  10. 乾 崇樹,寺田哲也,和田将輝,野呂恵起,吉田卓也,稲中優子,河田 了:好酸球性副鼻腔炎における,組織中好酸球浸潤の部位による差違と嗅覚障害について.第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会.2.24.下関.
  11. 東野正明,西川周治,寺田哲也,河田 了:耳下腺癌におけるPDL1抗体の発現について.第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会.2.24.下関.
  12. 東野正明,谷内政崇,西川周治,河田 了:当科における喉頭癌症例の世代別検討.第30回日本喉頭科学会.3.1.高知.
  13. 谷内政崇,東野正明,西川周治,河田 了:声帯麻痺を伴った頸部炎症性偽腫瘍例.第30回日本喉頭科学会.3.1.高知.
  14. 乾 崇樹,野呂恵起,栗山達朗,綾仁悠介,吉田卓也,萩森伸一,河田 了:めまい患者における質問票(DHI)スコアの経時的変化について.第344回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.3.大阪.
  15. 綾仁悠介,萩森伸一,谷内政崇,野呂恵起,尾﨑昭子,吉田卓也,稲中優子,河田 了:顔面神経麻痺に対する治療後に診断に至った小児急性リンパ性白血病の1例.第344回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.3.大阪.
  16. 谷口紀子,川上理郎,鈴木 学:副咽頭間隙悪性腫瘍の1例.第344回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.3.大阪.
  17. 和田将輝,神人 彪,谷内政崇,栗山達朗,尾﨑昭子,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:当科における下咽頭癌の治療成績.第344回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.3.大阪.
  18. 谷内政崇,神人 彪,栗山達朗,尾﨑昭子,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺基底細胞癌の検討-良性基底細胞腺腫との比較.第344回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.3.大阪.
  19. 鈴木英佑,菊岡祐介,田渕恵子,河田 了:巨大な鼻口蓋管嚢胞の1例.第344回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.3.3.大阪.
  20. 河田 了,寺田哲也,東野正明,西川周治:当科における耳下腺癌180例の治療成績.第119回日本耳鼻咽喉科学会.5.31.横浜.
  21. 寺田哲也,和田将輝,野呂恵起,綾仁悠介,稲中優子,乾 崇樹,河田 了,松田将也,奈邊 健:スギ花粉症に対する免疫療法のメカニズムについての検討.第119回日本耳鼻咽喉科学会.6.1.横浜.
  22. 栗山達朗,辻 求,東野正明,寺田哲也,河田 了:再発多形腺腫に対する臨床的および病理組織学的検討.第119回日本耳鼻咽喉科学会.6.1.横浜.
  23. 大村修士,河田 了,寺田哲也,東野正明:耳下腺前方腫瘍の病態および手術手技と治療効果の検討.第119回日本耳鼻咽喉科学会.6.1.横浜.
  24. 尾﨑昭子,稲中優子,萩森伸一,綾仁悠介,野呂恵起,櫟原崇宏,河田 了:大阪医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科を受診した顔面神経麻痺例の臨床統計.第119回日本耳鼻咽喉科学会.6.2.横浜.
  25. 萩森伸一,尾﨑昭子,櫟原崇宏,綾仁悠介,稲中優子,河田 了:中耳手術野における顔面神経の走行-乳突部外側走行例についての解析.第41回日本顔面神経学会.6.7.山形.
  26. 和田晋一,萩森伸一,仲野春樹,小河佳織,綾仁悠介,尾﨑昭子,稲中優子,櫟原崇宏,河田 了,藤岡重和:正中法ElectroneurographyによるENoG値とCMAP潜時差との関係.第41回顔面神経学会.6.7.山形.
  27. 仲野春樹,和田晋一,萩森伸一,櫟原崇宏,綾仁悠介,稲毛あさひ,河田 了,佐浦隆一:病的共同運動の重症度評価における表面筋電図の積分値比の方法に関する臨床的検討.第41回日本顔面神経学会.6.7.山形.
  28. 綾仁悠介,萩森伸一,尾﨑昭子,稲中優子,櫟原崇宏,河田 了:顔面神経麻痺を伴った小児急性リンパ性白血病の1例-診断および治療のピットフォールとその対策-.第41回日本顔面神経学会.2018.6.8.山形.
  29. 寺田哲也,谷内政崇,西川周治,東野正明,河田 了:当科における中咽頭癌153症例の治療成績.第42回日本頭頸部癌学会.6.14
  30. 野呂恵起,谷内政崇,東野正明,寺田哲也,河田 了:口腔癌T2N0症例に対する予防的頸部郭清術と術中迅速診断.第42回日本頭頸部癌学会.6.14.東京.
  31. 中島世市郎,小野高裕,河田 了,乾 崇樹,上田晃一,塗 隆志,植野高章:咀嚼能力測定用グミゼリーを用いた下顎骨再建後の咀嚼嚥下運動評価法の検討.第42回日本頭頸部癌学会.6.14.東京.
  32. 河田 了,東野正明,谷内政崇,野呂恵起,西川周治,寺田哲也:耳下腺癌における顔面神経温存・切除の決定要因.第42回日本頭頸部癌学会.6.15.東京.
  33. 東野正明,谷内政崇,野呂恵起,西川周治,寺田哲也,河田 了:当科における耳下腺癌の臨床とPD-L1抗体の発現率について.第42回日本頭頸部癌学会.6.15.東京.
  34. 鈴木英佑,栗山達朗,吉田卓也,鈴木倫雄,稲中優子,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:好酸球性副鼻腔炎における篩骨洞好酸球浸潤についての検討.第345回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.23.大阪.
  35. 古川昌吾,谷内政崇,東野正明,粟飯原輝人,寺田哲也,河田 了:顎下腺唾液腺導管癌におけるトラスツズマブの使用経験.第345回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.23.大阪.
  36. 神人 彪,谷内政崇,吉田卓也,東野正明,寺田哲也,河田 了:当科における舌癌 新・旧TNM分類の検討.第345回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.23.大阪.
  37. 兼竹博文,栗山達朗,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺多形腺腫由来癌の検討.第345回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.23.大阪.
  38. 谷内政崇,和田将輝,綾仁悠介,稲中優子,尾﨑昭子,萩森伸一,河田 了:複数の下位脳神経麻痺を呈した頭蓋低骨髄炎例.第345回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.6.23.大阪.
  39. 乾 崇樹,萩森伸一,栗山達朗,神人 彪,綾仁悠介,河田 了,荒木倫利:椎骨脳底動脈循環不全疑い例におけるMRAおよび頸部エコーを用いた椎骨動脈の評価.第346回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.1.大阪.
  40. 谷口紀子,鈴木 学,西川周治:顎下部に発生したneuroendocrine carcinoma1例.第346回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.1.大阪.
  41. 綾仁悠介,萩森伸一,神人 彪,兼竹博文,谷内政崇,尾﨑昭子,稲中優子,河田 了:当科で外耳道後壁保存型鼓室形成術を施行した中耳真珠腫の治療成績.第346回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.1.大阪.
  42. 神人 彪,谷内政崇,東野正明,粟飯原輝人,寺田哲也,河田 了:耳下腺癌におけるHER2ARの発現と予後.第346回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.1.大阪.
  43. 鈴木英佑,兼竹博文,古川昌吾,栗山達朗,吉田卓也,鈴木倫雄,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:鼻出血患者におけるオスラー病の診断とスクリーニング検査について.第346回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.9.1.大阪.
  44. 綾仁悠介,萩森伸一,河田 了:顔面神経麻痺から発症し、複数の下位脳神経麻痺を呈した頭蓋底骨髄炎の1例.第6回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会.9.7.金沢.
  45. 寺田哲也,神人 彪,谷内政崇,東野正明,河田 了:良性耳下腺腫瘍における腫瘍の大きさと術後顔面神経麻痺の関係.第31回日本口腔・咽頭科学会.9.14.名古屋.
  46. 東野正明,神人 彪,谷内政崇,稲中優子,寺田哲也,河田 了:耳下腺癌におけるPD-L1抗体の発現.第31回日本口腔・咽頭科学会.9.14.名古屋.
  47. 稲中優子,神人 彪,谷内政崇,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺良性および悪性腫瘍における自他覚症状.第31回日本口腔・咽頭科学会.9.14.名古屋.
  48. 神人 彪,谷内政崇,稲中優子,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺癌におけるバイオマーカーと予後.第31回日本口腔・咽頭科学会.9.14.名古屋.
  49. 谷内政崇,神人 彪,稲中優子,東野正明,寺田哲也,河田 了,鈴木 学.耳下腺腫瘍における穿刺吸引細胞診の診断結果分類試案:第31回日本口腔・咽頭科学会.9.14.名古屋
  50. 寺田哲也,吉田卓也,鈴木倫雄,稲中優子,乾 崇樹,河田 了:スギ花粉症に対する経リンパ節免疫療法に関する検討.第57回日本鼻科学会.9.27.旭川.
  51. 栗山達朗,乾 崇樹,寺田哲也,吉田卓也,鈴木倫雄,稲中優子,河田 了:当科における入院鼻出血症例の検討.第57回日本鼻科学会.9.27.旭川.
  52. 乾 崇樹,寺田哲也,鈴木英佑,栗山達朗,吉田卓也,鈴木倫雄,河田 了:好酸球性副鼻腔炎における篩骨洞好酸球浸潤についての検討.第57回日本鼻科学会.9.29.旭川.
  53. 鈴木倫雄,吉田卓也,乾 崇樹,寺田哲也,河田 了:好酸球性副鼻腔炎における下気道評価方法についての検討.第57回日本鼻科学会.9.29.旭川.
  54. 尾﨑昭子,萩森伸一,綾仁悠介,谷内政崇,稲中優子,乾 崇樹,櫟原崇宏,河田 了.中耳手術野における顔面神経の走行について-側頭骨マルチスライスCTを用いた解析.第28回日本耳科学会.10.4.大阪.
  55. 綾仁悠介,萩森伸一,谷内政崇,尾﨑昭子,稲中優子,櫟原崇宏,河田 了.外耳道後壁保存型鼓室形成術を施行した中耳真珠腫についての検討.第28回日本耳科学会.10.4.大阪.
  56. 谷内政崇,綾仁悠介,尾﨑昭子,乾 崇樹,稲中優子,萩森伸一,河田 了.複数の下位脳神経麻痺を呈した頭蓋底骨髄炎の2例.第28回日本耳科学会.10.5.大阪.
  57. 和田晋一,仲野春樹,萩森伸一,小河佳織:顔面神経麻痺患者における正中法ENoG 値とCMAP潜時差の関係.第48回日本臨床神経生理学会学術大会.11.8.東京.
  58. 仲野春樹,和田晋一,萩森伸一,佐浦隆一.末梢性顔面神経麻痺における正中法ENoG 値を用いた病的共同運動の予後予測についての検討.第70回日本気管食道科学会.11.8.東京.
  59. 鈴木倫雄,東野正明,神人 彪,栗山達朗,吉田卓也,西川周治,河田 了:甲状腺乳頭癌における転移リンパ節の形状による臨床的背景についての検討.第70回日本気管食道科学会.11.8.東京.
  60. 東野正明,神人 彪,谷内政崇,鈴木倫雄,河田 了:女性喉頭癌症例の検討.第70回日本気管食道科学会.11.9.東京.
  61. 乾 崇樹,萩森伸一,河田 了:耳鼻咽喉科めまい外来における前庭性片頭痛例の検討.第46回日本頭痛学会.11.16.神戸.
  62. 乾 崇樹,萩森伸一,栗山達朗,野呂恵起,綾仁悠介,荒木倫利,河田 了:大阪医大めまい外来における前庭性片頭痛例の検討.第77回日本めまい平衡医学会.11.30.山口.
  63. 鈴木英佑,綾仁悠介,鈴木倫雄,乾 崇樹,萩森伸一,尾﨑昭子,稲中優子,河田 了:MRIによって音響外傷を来たした3例.第347回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.1.大阪.
  64. 古川昌吾,谷内政崇,吉田卓也,東野正明,粟飯原輝人,寺田哲也,河田 了:耳下腺癌のバイオマーカーと予後.第347回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.12.1.大阪.
  65. 兼竹博文,東野正明,谷内政崇,栗山達朗,粟飯原輝人,寺田哲也,河田 了:耳下腺腫瘍手術におけるNIMによる術後顔面神経麻痺の術中診断.第347回日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会.2018.12.1.大阪.

(ポスター演題)

  1. 奥村隆司,佐野光仁,愛場庸雅,太田有美,阪本浩一,齋藤和也,福井英人,櫟原崇宏,廣瀬正幸,東川雅彦,西村将人,廣石卓司,川嵜良明:大阪府における新生児聴覚スクリーニング検査の現状と問題点.第119回日本耳鼻咽喉科学会.5.31.横浜.
  2. 谷内政崇,野呂恵起,西川周治,東野正明,寺田哲也,河田 了:耳下腺基底細胞癌の検討-良性基底細胞腺腫との比較.第42回日本頭頸部癌学会.6.14.東京.
  3. 乾 崇樹,萩森伸一,栗山達朗,野呂恵起,綾仁悠介,荒木倫利,河田 了:当科めまい外来における前庭性片頭痛症例について.第80回耳鼻咽喉科臨床学会.6.29.横浜.
  4. 谷内政崇,綾仁悠介,乾 崇樹,稲中優子,萩森伸一,河田 了:まれな真菌であるScedosporium apiospermumを分離した頭蓋底骨髄炎の1例.第80回耳鼻咽喉科臨床学会.6.29.横浜.
  5. 和田将輝,東野正明,稲中優子,寺田哲也,河田 了:舌正中切開法でアプローチした舌根部粘表皮癌例.第80回耳鼻咽喉科臨床学会.6.30.横浜.
  6. 綾仁悠介,森脇一将,桑原宏子,寺田哲也,河田 了,朝日通雄:Therapeutic potential of targeting BDNF/TRKB signaling in poorly differentiated oral squamous cell carcinomas.第77回日本癌学会.9.27.大阪.
  7. 栗山達朗,乾 崇樹,萩森伸一,神人 彪,綾仁悠介,荒木倫利,河田 了:めまい患者におけるMRAと頸部動脈エコーによる椎骨動脈の評価-椎骨脳底動脈循環不全疑い例における検討-.第77回日本めまい平衡医学会.11.29.山口.

(その他)

  1. 東野正明:耳下腺癌におけるPD-L1抗体の発現について.大阪頭頸部腫瘍免疫セミナー.1.13.大阪.
  2. 寺田哲也:スギ花粉症治療のUp-to-date:免疫療法を中心に.第62回和歌山・泉南花粉研究会.1.21.和歌山.
  3. 萩森伸一:中耳の解剖と機能、中耳炎について.富士フィルムファーマ社内勉強会.2.16.大阪.
  4. 東野正明:音声・喉頭・嚥下外来.第22回淀川リバーサイド耳鼻咽喉科講習会.2.17.大阪.
  5. 綾仁悠介:中耳・伝音外来.第22回淀川リバーサイド耳鼻咽喉科講習会.2.17.大阪.
  6. 綾仁悠介:脳神経障害をきたした頭蓋底骨髄炎の3例.アレルギーと感染症の講習会.3.8.大阪.
  7. 寺田哲也:当院におけるアレルゲン免疫療法の現状.第3回関西アレルゲン免疫療法研究会.3.15.大阪.
  8. 萩森伸一:中耳真珠腫の手術-外耳道後壁の取り扱いを中心に-.第14回平成教育研究会.3.16.大阪.
  9. 萩森伸一:滲出性中耳炎の診断と治療-2015年度小児滲出性中耳炎診療ガイドラインを踏まえて-.京阪耳鼻頭頸臨床研究会.3.17.大阪.
  10. 乾 崇樹:耳性めまいと周辺疾患 〜一般外来におけるありふれた身体症状からのアプローチ〜.高槻市医師会耳鼻咽喉科部会.3.24.大阪.
  11. 東野正明:喉頭全摘術手技 特に気管孔周囲の操作について.第25回近畿頭頸部腫瘍懇話会.4.14.大阪.
  12. 河田 了:耳鼻咽喉科疾患の薬物治療.摂南大学薬学部アドバンス臨床薬学.5.10.大阪.
  13. 寺田哲也:アレルギー性鼻炎における抗原同定検査とImmunotherapy.第13回北摂耳鼻咽喉科疾患講習会.5.17.大阪.
  14. 萩森伸一:顔面神経麻痺の診断と治療-笑顔をとり戻すために.第31回大阪医大女医会各科医療勉強会.6.23.大阪.
  15. 萩森伸一:耳科手術に主眼を置いた側頭骨画像診断-必要な画像と読影のコツ-.栃木画像診断研究会.7.12.宇都宮.
  16. 寺田哲也:スギ花粉症治療のUp-to-date:免疫療法を中心に.兵庫県耳鼻咽喉科医会総会並びに第213回臨床懇話会・懇親会.7.22.神戸.
  17. 乾 崇樹:いろいろな副鼻腔炎~特徴と診断、治療~.第8回鼻の日セミナー.8.5.大阪.
  18. 東野正明:難病患者における嚥下障害の対応.平成30年度第1回難病患者在宅医療支援事業研究会.8.24.大阪.
  19. 稲中優子:アレルギー疾患に対する理解を深める-専門医試験を通じて-.第25回北摂手術手技講習会.8.18.大阪.
  20. 東野正明:当科におけるNivolumab投与例とPD-L1の発現について.頭頸部腫瘍化学療法研究会.8.28.大阪.
  21. 河田 了:みんなで学ぶ救済手術-救済手術教育.第8回頭頸部腫瘍懇話会.10.13.大阪.
  22. 東野正明:声門上癌の亜部位別臨床的特徴.平成30年度大阪医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室同門会八交会総会・学術講演会.10.20.大阪.
  23. 乾 崇樹:身体診察(めまい)-めまい症例の診断と診察手技の実際-.大阪医科大学附属病院研修医サタデーセミナー.10.20.大阪.
  24. 荒木倫利:脳幹梗塞によって末梢性顔面神経麻痺を生じた1症例.第8回北摂感覚器疾患講習会.11.1.大阪.
  25. 鈴木英佑:MRIによって音響外傷を来たした3例.第8回北摂感覚器疾患講習会.11.1.大阪.
  26. 谷内政崇:保存的治療が奏功した頭蓋底骨髄炎の3例.第8回北摂感覚器疾患講習会.11.1.大阪.
  27. 萩森伸一:耳科手術に主眼を置いた側頭骨画像診断-必要な画像読影のコツ-.第153回御茶ノ水耳鼻咽喉・頭頸科治療研究会.11.15.東京.
  28. 乾 崇樹:中枢性病変に関係しためまい症例-症例呈示と診断について-.第17回京阪神耳鼻咽喉科カンファレンス.11.24.京都.
  29. 萩森伸一:大阪医科大学における医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取り組みについて.平成30年度大阪府医師会勤務医部会「在阪5大学医師会役員・2行政医師会役員との懇談会」.11.29.大阪.
  30. 乾 崇樹:扁桃周囲膿瘍への対応~保存的治療と外科的治療~.第2回アレルギーと感染症の講習会.2018.12.6.大阪.